/

SMBC日興を告発、幹部ら7人も 相場操縦事件で監視委

(更新)

SMBC日興証券幹部らによる相場操縦事件で、証券取引等監視委員会は23日、東証1部上場の5社の株価を不正に買い支える注文を出したとして、法人としての同社と幹部ら7人を金融商品取引法違反(相場操縦)の疑いで東京地検に告発した。告発を受け、東京地検特捜部は24日にも同社と幹部らを同法違反罪で起訴する見通しだ。

監視委によると、7人はSMBC日興が大株主から保有株をいったん引き取って投資家に転売する「ブロックオファー」取引に絡み、2019年12月~20年11月、取引の対象だった小糸製作所モスフードサービスなど東証1部上場企業5社の株価を不正に安定させる目的で大量の買い注文を出した疑いがある。

金商法の相場操縦罪には法人を罰する両罰規定がある。監視委は違法な株取引が業務に関連して繰り返され、売買の監視など違法行為を防ぐための社内の体制も不十分だったとして、法人の責任も重いと判断した。

監視委は特捜部が逮捕した専務執行役員のヒル・トレボー・アロン容疑者(51)、エクイティ部長だった山田誠容疑者(44)ら4人のほか、杉野輝也執行役員(57)ら3人も告発した。

関係者によると、告発容疑になった5銘柄に加え、別の5銘柄でも同様の不正が行われた疑いがあり、特捜部が捜査している。

SMBC日興は23日、「監視委の告発を重く受け止めている。関係当局の捜査や調査に誠実に対応し、信頼回復に全社をあげて取り組んでいく」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン