/

C・A・マレンさんが死去 「白い色は恋人の色」

クリスティーン・アン・ロルセス・マレンさん(米国人女性フォークデュオ「ベッツイ&クリス」メンバー)米メディアなどによると2月16日、腎臓疾患のため死去、68歳。

ハワイ・カイルア高校の合唱隊の一員として訪日した際にスカウトされ、1969年に「ベッツイ&クリス」としてデビュー。日本語で歌った「白い色は恋人の色」が大ヒットした。

(ホノルル=共同)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン