/

外環道工事2月にも再開 陥没で中断、東日本高速

東日本高速道路会社と中日本高速道路会社、国土交通省が早ければ2月にも、東京外郭環状道路(外環道)の地下トンネル掘削工事を一部再開したい意向であることが23日分かった。東京都調布市の道路陥没事故で中断していた。再開を実現するため、同日から周辺住民に再発防止策の説明を始めた。

2020年10月の事故発生以降、東日本高速などはトンネル掘削工事を全て中断。工事区間の地中では「シールドマシン」と呼ばれる大型掘削機7基が停止状態となっている。関係者への取材では、このうち調布市の現場周辺にある2基を除き、住民説明会を経た後、準備を整えて順次稼働させたい考え。

23日は東京都練馬区で住民説明会を開催し、再発防止策として、施工手法の見直しや管理体制の強化を図ると説明。まずは住家のない土地の地下から掘削を始めるとの方針を伝えた。再開時期は明言しなかった。

住民からは「再発防止策の問題点を指摘する専門家もいる。再開は非常に疑問だ」などと懸念する意見が出た。説明会は来月1日までに杉並区と武蔵野市、三鷹市でも実施する。

外環道は東京都心から約15キロの地点を環状に結ぶ。都の西側に位置し、関越自動車道と東名高速道路を結ぶ約16キロの区間が未開通で、深さ40メートル以上の「大深度地下」にトンネルを通す計画になっている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン