/

残暑厳しき秋分の日 群馬・高崎で33.9度

秋分の日の23日、日本列島は西日本、東日本の太平洋側を中心に広く高気圧に覆われて晴れ、各地で厳しい残暑となった。群馬県高崎市で最高気温33.9度を観測するなど真夏日(30度以上)になる場所も相次いだ。

気象庁によると、最高気温は他に宮崎市で33.6度、静岡市駿河区で33.5度、栃木県佐野市や埼玉県鳩山町で33.2度まで上昇した。

東京都心部も31.7度を観測。銀座では買い物客らの多くは半袖姿で、日傘を差したり、携帯型扇風機の風を顔に当てたりしてしのいでいた。

一方、寒気を伴った低気圧の影響で、北日本は24日の明け方にかけて大気の状態が不安定になりそうだ。気象庁は雷や竜巻などの突風、ひょう、局地的な激しい雨に注意を呼び掛けている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン