/

この記事は会員限定です

東京インテリアに立ち入り検査 優越的地位の乱用か

(更新) [有料会員限定]

家具販売大手の「東京インテリア家具」(東京・荒川)が、納入業者に協賛金を求めるなどしていたとして、公正取引委員会が23日、独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の疑いで、栃木県鹿沼市の本部など2カ所に立ち入り検査に入った。関係者の話で分かった。

関係者によると、同社は数年前から、家具の納入業者らに対して、取引関係での強い立場を利用し、新規店舗の開店の際に従業員を無償で派遣させたり、割引セールの際など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン