/

この記事は会員限定です

魚介高騰、乱獲が影 すし店悲鳴「仕入れ値イカ5倍」

[有料会員限定]

イカやアナゴなどすしネタの定番とされる魚介類が深刻な不漁に陥っている。背景にあるのが、世界的な乱獲。気候変動に伴う海水温の上昇も重なり、海洋水産物の3割超が将来、海から姿を消す可能性があるとの調査もある。日本が誇る食文化を守るためにも「水産資源を保護する国際的なルール作りが必要」と専門家は説く。

「どのネタも仕入れ値が上がって、商売あがったりだよ」。東京都台東区のすし店「次郎長寿司」の店主、三森...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1523文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン