/

この記事は会員限定です

要人警護、警察庁の関与強化へ 計画点検や警備基準検討

[有料会員限定]

安倍晋三元首相が奈良市での街頭演説中に銃撃されて死亡した事件を受け、警察庁は要人警護の体制を大幅に見直す方針だ。都道府県警が作成する警護計画のチェックを拡大したり選挙遊説での警備基準を示したりして国の関与を強化するほか、警視庁のセキュリティーポリス(SP)の増員も検討する。国が責任を持つ体制づくりを進める狙いがある。同庁は事件の検証結果と警護体制の見直し内容を8月下旬に公表する見通し。

警護体制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン