/

富士山、7日の「初冠雪」見直し 気温上昇で条件外れる

(更新)
「初冠雪」の宣言が見直されることになった富士山(7日)=共同

甲府地方気象台は22日、富士山が「初冠雪」したとした7日の宣言を見直すと発表した。初冠雪は、山頂付近の平均気温が1年で最も高くなった日より後になることが前提だが、20日に平均気温の最高が更新され、条件を満たさなくなった。

同気象台によると、一度出した宣言を見直すのは少なくとも過去10年で例がない。今後の冠雪で改めて宣言を出す。

初冠雪は「山頂付近の気温が、その年の1日の平均気温が最高となって以降、初めて冠雪が認められた日」。7日に初冠雪を発表した際は、8月4日の9.2度を最高と位置付けたが、9月20日に10.3度を観測、最高が更新されたため、見直すことにした。

同気象台によると、太平洋高気圧が一時的に強まり、富士山頂の気温も上昇したことが、最高気温更新の一因とみられる。

一方、山梨県富士吉田市は22日、9月7日に出した「初雪化粧」宣言は職員が目視したもので、気象台の判断基準とは異なるとして、撤回する考えはないとした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン