/

案里前議員の歳費「返還を」 4900万円、国提訴へ

(更新)

2019年7月の参院選広島選挙区を巡る公選法違反事件で有罪が確定し、当選無効となった河井案里前参院議員(47)が受け取った議員歳費など4900万円超について、広島の市民団体が22日、返還を請求するよう国に求める訴訟を東京地裁に起こすと発表した。

団体は「河井疑惑をただす会」。原告側代理人によると、案里氏には19年7月以降、給与やボーナスに当たる歳費、期末手当など総額4942万6514円が支払われた。

案里氏は疑惑が発覚した同年10月以降、国会の本会議を繰り返し欠席。東京地検特捜部に逮捕された昨年6月以降も歳費や期末手当が支払われており、妥当性を疑問視する声が出ていた。歳費法は、国会議員が辞職、退職した場合「その日までの歳費を受ける」と定めている。

代理人によると、地方議員への不当な支出には、地方自治法に返還請求できる住民訴訟制度の規定があるが、国会議員の場合はそうした制度がなく、返還請求が難しい仕組みになっている。原告側は「今回の訴訟が是正のきっかけとなればいい」と話している。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン