/

天皇陛下が退院 前立腺の検査終え

(更新)

天皇陛下は28日、前立腺の生体検査のため入院していた東大病院(東京・文京)を退院された。

陛下は検査のため、27日から同病院に1泊2日の予定で入院されていた。結果は後日発表される。

陛下は検診で、前立腺の疾患に関わるPSA(前立腺特異抗原)検査の数値に「やや懸念される傾向」がみられたため、6日に同病院で検査を受検。前立腺の肥大が確認された。宮内庁は10日、特に懸念される所見はないものの、念のため11月中に生体検査を受けられると発表していた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません