/

この記事は会員限定です

新聞販売店訴訟で原告の請求棄却、本社勝訴 京都地裁

[有料会員限定]

京都市の新聞販売店主が「実売数を超える日本経済新聞の仕入れを強いられ、損害を受けた」として、日本経済新聞社に約4700万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は22日、請求を棄却した。松山昇平裁判長は「日経が、原告の注文部数を超えて新聞を供給したとはいえない」と述べた。

原告は、朝日新聞社系列の販売店「ASA伏見」の店主。2019年3月までの3年間に、注文部数より多くの新聞を仕入れさせられた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン