/

この記事は会員限定です

チャットいじめ防止難題、端末管理模索 東京・小6自殺

[有料会員限定]

学校現場で学習用の端末を使ったいじめを防ぐ対策が急務となっている。自殺した東京都町田市立小6年の女子児童(当時12)は、学校が配ったタブレット端末のチャット機能で悪口を送信される被害に遭っていたとされる。専門家は「同様の事態は全国の学校で起こる可能性がある」として、チャットなどによるトラブル防止を徹底するよう求める。

両親や代理人弁護士によると、女児は2020年11月30日、いじめを受けたと訴える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1480文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン