/

歌会始入選10人 最年少は15歳、お題は「窓」

宮内庁は24日付で2022年1月18日に皇居・宮殿で開かれる「歌会始の儀」の一般入選者10人を発表した。最年少は新潟県加茂市の高校1年、難波来士さん(15)、最年長は富山県南砺市の無職、西村忠さん(85)だった。

今回の題は「窓」。選考対象の応募数は1万3830首で、うち海外からは69首、点字は11首あった。天皇陛下に特別に招かれて歌を披露する召人(めしうど)は仏文学者の菅野昭正さん(91)が務める。

その他の入選者は次の通り。(敬称略)

福岡県久留米市、高木典子(84)▽同県春日市、田久保節子(81)▽香川県小豆島町、藤井哲夫(78)▽東京都新宿区、三浦宗美(68)▽青森市、高橋圭子(60)▽東京都港区、川坂浩代(54)▽茨城県つくば市、芳山三喜雄(49)▽東京都三鷹市、伊藤奈々(41)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン