/

この記事は会員限定です

Twitter投稿削除、ルール曖昧 長期間の閲覧想定せず

最高裁、利用実態を重視

(更新) [有料会員限定]

最高裁は24日、逮捕歴に関するツイッター投稿の削除を命じる判決を言い渡した。従来の司法判断と同様、個別事例の検討に終始し、新たな基準は示されなかった。インターネットを通じて知られたくない情報が拡散されるケースは増えている。一方で、安易な削除を認めれば社会の公益が制約される。時間が経過した個人情報の削除を認める「忘れられる権利」が欧州で明文化されるなか、日本では模索が続く。

司法判断は従来、犯罪発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1968文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン