/

この記事は会員限定です

子ども庁「組織ありきでは本質見失う」 萩生田文科相

[有料会員限定]

萩生田光一文部科学相は22日、日本経済新聞のインタビューで、子育てや教育政策の司令塔となる「子ども庁」の創設構想を巡り、「子どもの政策に光を当てることには賛成だが、組織ありきの議論では本質を見失う」と指摘した。

ーー「子ども庁」を巡る議論が自民党内で始まりました。

「国全体で子どもの政策に光を当てることは大賛成だ。議論が喚起されたことは歓迎したい。今抱えている子どもに関する課題がどこで詰まっている...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2174文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン