/

聖火リレーで初の感染者 香川県、交通規制の警官

(更新)

東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、香川県で17日に行われた五輪の聖火リレーで、交通規制などに従事した香川県警の30代の男性警察官が新型コロナウイルス検査で陽性になったと明らかにした。県警から報告を受けた。組織委によると、聖火リレー関連での感染判明は初めて。

組織委によると、この警察官は17日に香川県直島町で車両の誘導などに当たった。翌18日に体調不良のためPCR検査を受け、陽性と判定された。

組織委は勤務状況から濃厚接触者はいない可能性が高いとしており、保健所からの情報提供を待っている。「保健所等の指導の下、感染拡大の抑止に努めるとともに、安全、安心な聖火リレーの実施に向けて必要な対策を講じてまいります」との談話を発表した。〔共同〕

Tokyo Olympic and Paralympic 特設サイトはこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン