/

松山樹子さんが死去 松山バレエ団創立者

(更新)
松山樹子さん=共同

松山 樹子さん(まつやま・みきこ、本名=清水樹子=しみず・みきこ、松山バレエ団創立者)5月22日、急性心不全のため死去、98歳。告別式は6月30日、東京都港区南青山2の26の38の梅窓院。喪主は長男で同団総代表の清水哲太郎氏。

1948年、夫の故清水正夫氏とともに松山バレエ団、松山バレエ学校を創立。振付師、芸術監督を務め、日本バレエ界の草分けとして活躍。国内外で公演を成功させ、義理の娘でもある世界的なバレエダンサーの森下洋子さんらを育てた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン