/

ウーバーイーツ日本法人を書類送検 不法就労助長疑い

(更新)
自転車に乗るウーバーイーツの配達員(東京都豊島区)

不法残留している外国人を配達員として雇い、不法就労を助長したとして、警視庁は22日、料理宅配最大手「ウーバーイーツ」を運営していた日本法人の当時の代表ら2人と法人としての同社を入管難民法違反(不法就労助長)の疑いで東京地検に書類送検した。書類送検されたのはウーバージャパン(東京・港)と当時代表だった女性(47)、当時コンプライアンス部門統括だった女性(36)。

送検容疑は2020年6~8月、日本での在留期間が過ぎ、不法に残留していたベトナム国籍の男女2人について、在留資格などの確認をせずに東京都内でウーバーイーツの配達員として従事させ、不法就労を助長するなどした疑い。

警視庁組織犯罪対策1課によると、代表だった女性は「直接報告を受けておらず知らなかった」と説明している。統括だった女性は「外国人の登録に問題があることは分かっていた」と話している。

同社は個人事業主にあたる配達員をインターネットで登録する際、身分証や写真の送信などを求めている。男女はブローカーが他人名義の身分証や他人の写真を使って作成したアカウントを利用。同社も身分証の確認や本人との照合などを行っていなかった。男性は同課の調べに「面接もなく、すぐに始められた」と話しているという。

書類送検を受け、ウーバーイーツを現在運営しているウーバーイーツジャパンは22日、「ウーバーはプラットフォームのいかなる不正利用も大変深刻に受け止めており、配達パートナーの登録手続きを強化すべく、措置を講じてきた。本件捜査に関し、捜査機関に全面的に協力する」とコメントした。

新型コロナウイルスの感染拡大で料理宅配サービスの需要が急伸し、配達員も増えたが、登録手続きが簡素で在留資格のない外国人の不正登録が相次いだ。同課によると、20年に警視庁管内でウーバー関連の不法就労摘発は184件。うち80%がベトナム国籍だった。

ウーバー配達員の不法就労は各地で摘発されている。

20年10月に不法残留で配達員として働いていたベトナム国籍の男が大阪府警に入管難民法違反(不法滞在)の疑いで逮捕・起訴され、大阪地裁で懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けた。男は18年に技能実習生として来日したが、実習先を脱走して働いていた。配達員の登録は他人の在留カードを撮影した画像を使ったという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン