/

伊藤アキラさんが死去 作詞家、「この木なんの木」

(更新)

伊藤 アキラ氏(いとう・あきら、本名=伊藤皓=いとう・あきら、作詞家)5月15日、急性腎不全のため死去、80歳。告別式は親族で行った。

放送作家で音楽家の三木鶏郎氏に師事し、CMソングなどの作詞を始めた。「この木なんの木」のフレーズで知られた日立のCMソング「日立の樹」は、73年から放送され親しまれた。他に、「イソジン」「青雲」「きのこの山」のCMなど。

アニメソングや童謡も作詞。「うる星やつら」の主題歌、「南の島のハメハメハ大王」などがある。歌謡曲も数多く手掛け、渡辺真知子さんの「かもめが翔んだ日」、フォーリーブスの「ブルドッグ」などをヒットさせた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:
フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン