/

富永一朗氏が死去 漫画家、「お笑いマンガ道場」出演

富永 一朗氏(とみなが・いちろう=漫画家)5月5日、老衰のため死去、96歳。喪主は弟、浩(こう)氏。

「チンコロ姐ちゃん」をはじめ、お色気のある庶民的な大人向け漫画でヒット作を生む一方、テレビのバラエティー番組「お笑いマンガ道場」にも出演し、明るいキャラクターで親しまれた。1986年日本漫画家協会賞大賞。他の作品に「ポンコツおやじ」「一朗忍者考」など。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン