/

レディー・ガガさん、過去の自殺願望告白

(更新)

【ロサンゼルス=共同】米人気歌手レディー・ガガさん(35)は、動画配信サービス「アップルTV+(プラス)」の番組で、19歳の時に音楽プロデューサーにレイプされ妊娠した過去を打ち明け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しみ自殺を考えていたと告白した。米メディアが21日、伝えた。

ガガさんは「心が完全に壊れ」て、たびたび自傷行為に及んだと説明。「どこへ行っても黒い雲が追い掛けてきて、おまえに価値はない、死に値すると言われているような感覚」にさいなまれたと振り返った。

主演映画の楽曲で2019年にアカデミー賞を受賞して自身が認められた体験などを通じ立ち直るきっかけを得たが「たとえ素晴らしい日々が6カ月続いても、たった一度の引き金で気分が悪化し、死について考える」など、回復には時間を要するという。

ガガさんは14年にラジオ番組でレイプ被害を公表。13年に発表した曲「スワイン(豚)」はその時の体験を基に作ったもので「多くの痛みを抱えていて、はき出す必要があった」と語っていた。

番組はメンタルヘルスをテーマにしたドキュメンタリーで、英王室の公務を退いたヘンリー王子と、3月に放送された王子夫妻のインタビューで司会を務めたオプラ・ウィンフリーさんが制作陣に加わっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン