/

マルティン・トゥルノフスキー氏が死去 指揮者

マルティン・トゥルノフスキー氏(群馬交響楽団名誉指揮者)5月19日、オーストリアの病院で死去、92歳。

チェコ・プラハ出身。1958年にブザンソン国際指揮者コンクールで優勝後、ドイツ・ドレスデン国立歌劇場やボン歌劇場で音楽監督を務めるなど国際的に活躍した。プラハ交響楽団首席指揮者などを経て、98年に群馬交響楽団首席客演指揮者に就任した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン