/

宮崎と大分で震度5強 十数人けが、水道管破裂も

(更新)

22日午前1時8分ごろ、大分、宮崎両県で最大震度5強の地震があった。気象庁によると、震源地は日向灘で、震源の深さは45キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6.6とされる。高知県や熊本県でも震度5弱を観測し、中部から九州の広範囲でも震度1以上の地震があった。その後も日向灘を震源とする地震が続いた。大分、宮崎など各県で計十数人がけがをし、水道管破裂などの被害も相次いだ。

気象庁によると、南海トラフ巨大地震の想定震源域だが、今回の規模がM6.8未満で基準に達しないことから有識者を交えた「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」の臨時開催はしないと明らかにした。その上で毎月定例で開く検討会で関連を議論する方針とした。

気象庁は22日未明に記者会見を開き、今回の地震の原因について「プレート内部で発生した」との見解を示した。南海トラフ巨大地震は、プレート境界で発生する地震とされている。

津波はなかったとし「揺れの強かった地域では、今後1週間程度、最大震度5強程度の地震に注意」と呼び掛けた。地盤の緩みを考慮し、大分、宮崎両県の一部地域で土砂災害警戒情報の発表基準を通常の8割に引き下げる。

大分県などによると、大分市内の80代女性が転倒して骨折の疑いで搬送されるなど6人が負傷。同市内の複数の場所で水道管が破裂したほか、県内で停電も一時起きた。

宮崎県警によると、県内で50代女性がベッドから転落するなどして4人がけが。延岡市では街灯が折れ、高千穂町では積まれたブロックが崩れた。

その他、山口、佐賀両県で各1人がけが、熊本県で2人が搬送された。

佐賀県の玄海原発と鹿児島県の川内原発、愛媛県の伊方原発に異常は確認されていない。首相官邸は危機管理センターに官邸連絡室を設置し、情報収集に当たった。〔共同〕

南海トラフ巨大地震 東海沖から九州沖の海底に延びる溝状の地形(トラフ)に沿って発生する地震。政府の地震調査委員会はマグニチュード(M)8~9級の巨大地震が40年以内に起こる確率を90%程度としている。トラフや周辺でM6.8以上の地震などがあった場合、気象庁は「南海トラフ地震臨時情報」を発表。併せて「南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会」を臨時開催して巨大地震の可能性が高まっているかどうかを判断、最短2時間で結果を公表する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン