/

この記事は会員限定です

法令順守の点検急務 株不正奨励でドンキ前社長有罪判決

[有料会員限定]

「金融市場の公正性を害した」。ドンキホーテホールディングス(HD、現パン・パシフィック・インターナショナルHD)株不正推奨事件で、東京地裁は同社前社長の大原孝治被告(57)に有罪判決を言い渡した。前社長は不正推奨の禁止規定について「知らなかった」と証言するなど、公判では法令順守の意識の低さも浮き彫りになった。

重要事実を知りながら、取引を第三者に勧める「取引推奨」の規制は、2014年の改正金融商品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン