/

この記事は会員限定です

安定的な皇位継承、本質の議論を

[有料会員限定]

本質から目をそらし、小田原評定の末の先送りの典型ではないだろうか。政府の安定的な皇位継承に関する有識者会議が22日に公表した最終報告は、問題の「根治」ではなく、塗り薬で痛みをやり過ごすような内容だ。

皇族数確保の具体案を①「女性皇族が結婚後も皇室に残る」②「旧皇族の男系男子を養子にする」とし、①②で不十分の場合、③旧皇族の男系男子を直接皇族として迎え入れる案を提示した。

まず「皇位継承とは切り離...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン