/

田中前理事長側に3千万円 元理事、日大調査に説明

日本大学は21日、医学部付属板橋病院(東京・板橋)の医療機器などの納入を巡る背任事件に関する中間報告書の要旨を公表した。背任罪で起訴された元理事、井ノ口忠男被告(64)が大学の調査に、前理事長の田中英寿被告(75)=所得税法違反罪で起訴=側に「(背任事件に関する)お礼として3千万円を渡した」と説明したが、田中被告が背任事件に関与したとは認められないとした。

井ノ口被告は東京地検特捜部にも同趣旨の供述をしたとされる。日大は、田中被告が理事長としての監督義務に違反していなかったかなどについて、別の外部調査チームで調べる。

報告書の要旨によると、井ノ口被告は昨年6月に田中被告側へ資金提供したと説明した。「お礼として渡したが、田中被告や夫人にお礼とは伝えていない」としている。

医療機器と電子カルテシステムの納入について、井ノ口被告の意向により、大阪市の医療法人「錦秀会」の前理事長、籔本雅巳被告(61)=背任罪で起訴=が関連する会社を取引上の必要がないのに介在させる不正行為があり、日大に損害が生じたと結論付けた。

取引の関係者が「何もしていない籔本被告の関連会社を入れる必要はないと井ノ口被告に伝え、粘ったが、絶対権力者だった井ノ口被告にノーと言えるわけがない」と証言したとしている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン