/

五輪開会式に出席の関係者、950人の見通し

(更新)
開会式の予行演習で国立競技場上空を飛行する「ブルーインパルス」(21日、東京都新宿区)

23日に国立競技場(東京・新宿)で開催される東京五輪の開会式について、大会組織委員会は21日、参加する大会関係者は現時点で約950人との見通しを明らかにした。当初は1万人程度とする案もあったが、無観客開催が決まり、運営に必要な人数に絞る考えを示していた。出席状況を最終確認中で、さらに少なくなる可能性がある。

国内からの参加は大会名誉総裁の天皇陛下のほか、菅義偉首相ら政府関係者、小池百合子都知事ら都関係者、橋本聖子会長、スポンサーなど150人程度。最高位スポンサーのトヨタ自動車の豊田章男社長やパナソニックの楠見雄規社長らは欠席を表明している。

海外関係者は約800人。国際オリンピック委員会(IOC)委員や各国の要人、各国・地域のオリンピック委員会、国際競技団体の代表やスポンサーなどが含まれる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン