/

渡辺守章氏が死去 フランス文学者

渡辺 守章氏(わたなべ・もりあき=フランス文学者、東京大名誉教授)4月11日、胸部大動脈瘤破裂のため死去、88歳。告別式は近親者で行った。喪主は長男、敦彦氏。

フランス演劇の研究、評論活動を重ね、詩人で劇作家のポール・クローデルの「繻子の靴」の翻訳、上演に取り組んだ。能楽など日本の演劇にも造詣が深く、「演劇集団円」や、主宰した「空中庭園」で演出家としても活躍した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン