/

動画で110番、全国で10月から試行 警察庁発表

110番の通報者が撮影した現場の動画や写真を警察が活用する新たな仕組みが10月に始まる。警察庁が22日、システム内容を発表した。口頭での説明が難しい場合に現場の状況を迅速に把握し、現場に向かう警察官が適切な対応を取れるようにする。

新システムでは通報者の了解を得て、専用サイトへ誘導するURLをショートメッセージサービス(SMS)でスマートフォンに送る。通報者はサイトにアクセスし、電話をつないだままスマホのカメラで現場周辺を撮影できる。

通報前に撮影し保存してあった動画や写真データを送ることもできる。通信指令室で受信した動画や画像は現場に向かう警察官に共有される。都道府県警察は10月1日に試行運用を始める。

試行期間には、通報者がシステムを活用する際の操作のしやすさや、撮影方法についての指示の出し方などを確認する。通報者の利便性などの課題を洗い出して改善し、2023年4月から正式に運用する予定だ。

事件や事故での110番通報では、通報者が動揺して電話で詳細な説明ができないケースが少なくない。また車の多重事故や複数人がからむトラブルなど、現場の状況を口頭で説明するのが難しい場合もある。

警察庁担当者は通報者の安全を最優先にするとしたうえで「素早く正確な対応が期待できる」と説明する。

同様のシステムは20年に兵庫県警が運用を始め、22年7月末時点で累計400件超の利用があった。傷害事件で現場から逃走する自動車を目撃者が撮影。画像から車種や車体の色を特定し、早期検挙につなげたケースもあった。消防でも東京消防庁が7月に導入するなど運用が広まっている。

活用を広げるためには認知度を高める必要がある。兵庫県警のシステムでは通報者に操作方法が的確に伝わらず、動画像を送信できなかった例が複数あった。通報時にシステムについて初めて知り、戸惑うケースもあるという。警察側からの丁寧な説明が欠かせない。

スマホなどからの通報76%


全国の警察への通報件数は近年減少傾向にある一方、スマートフォンを含む「移動電話」からの通報の割合が増えている。
警察庁によると、2021年の110番通報は全国で866万9245件。うち665万2081件が移動電話からの通報で、割合は過去最高の76.7%だった。
11年の110番通報は937万2379件で、うち移動電話は621万2937件(66.3%)だった。警察庁の担当者は「スマートフォンの普及やIT(情報技術)の向上によって映像を活用するシーンが増えている」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン