/

日本海側大雪、北海道などで交通乱れ 22日も続く冬型

低気圧や上空に流入した寒気の影響で、北日本から西日本では21日にかけて日本海側を中心に大雪となった。北海道などでは鉄道や空の便の運休や欠航が相次いだ。気象庁によると、大雪のピークは過ぎたとみられるが、冬型の気圧配置が続き、22日以降も降雪が見込まれる。積雪が増えた地域では交通障害や着雪に注意が必要としている。

21日に観測された24時間降雪量は、北海道羅臼町76センチ、新潟県湯沢町64センチ、長野県野沢温泉村62センチ、岐阜県白川村59センチなど。鳥取県智頭町は3時間に14センチの降雪が観測された。

北海道では交通が乱れ、札幌駅発着の全列車が終日運休した。新千歳空港発着の航空便も軒並み欠航。北斗市の函館江差自動車道では多重事故が発生し、8人が搬送され1人が死亡した。風雪により視界が白一色になる「ホワイトアウト」状態だったとみられる。

交通の影響は各地に広がり、日航や全日空の国内線は青森や秋田、岩手などの発着便が一部欠航した。山形新幹線は除雪が必要になり、21日昼ごろから福島―山形間で運転を見合わせた。

気象庁によると、千島近海に達した低気圧と中国大陸側にある高気圧により、日本列島では冬型の気圧配置が続く。東日本と北日本では23日にかけて大雪となる地域があり、22日午後6時までの24時間予想降雪量はいずれも多い場所で、北陸70センチ、北海道、東北50センチ、東海、関東甲信40センチ。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン