/

「私は過失ない」 池袋暴走、遺族質問にも無罪主張

(更新)

東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走して母子が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(90)の公判が21日、東京地裁で開かれた。被害者参加した遺族の松永拓也さん(34)の質問に、飯塚被告は「心苦しいとは思っているが、私の過失はありません」と改めて無罪を主張した。

事故で妻の真菜さん(当時31)、長女の莉子ちゃん(同3)を亡くした拓也さんは、被害者参加制度を使い、初めて飯塚被告に直接質問した。

「亡くなった私の妻と娘の名前を言えますか」。拓也さんがそう切り出すと、飯塚被告は2人の名前は言えたものの、莉子ちゃんの名前の漢字は思い出せなかった。

拓也さんは感情を抑えるように淡々と質問を重ね、黒いスーツ姿で車椅子の飯塚被告は、質問に対して時折考えるような時間を取りながら答えた。

被告は「かわいい方を亡くしてしまって本当に申し訳なく思っている」と述べた一方で、ブレーキは踏んでいたと強調。「暴走状態の車を止められなかったことは悔やんでいる」「自分の車のためにおふたりが亡くなられたことは十分認識している。自分の車の事故だと重く受け止めている」と述べた。

「刑務所に入ってほしいと思っているが、覚悟はあるか」という拓也さんの質問に対しては「はい、あります」と答え、有罪になったら控訴するかとの問いに「わからないが、なるべくしないと思う」と述べた。「事故は誰の責任と思うか」と弁護士が尋ねると「責任の所在はわからない」と答えた。

真菜さんの父、上原義教さん(63)も「事故から2年、どのように生きてきたか」と質問した。被告は「持病のリハビリがつらい毎日だった」と訴え、「2人の月命日には線香を上げている」と付け加えた。

起訴状によると、19年4月19日昼すぎ、東京都豊島区東池袋の横断歩道を自転車で渡っていた真菜さんと莉子ちゃんを乗用車ではねて死亡させ、助手席の妻を含む当時2~90歳の男女9人に重軽傷を負わせたとしている。

「加害者を軽蔑」 妻子亡くした遺族

「加害者を心から軽蔑します」。21日の公判で飯塚幸三被告に直接質問した松永拓也さんは閉廷後、東京都内で記者会見を開き「被告人の口から真実を述べてほしいという夢は破れた。あとは裁判所に委ねたい」と落胆をあらわにした。

拓也さんは法廷での被告の言動を「客観的な事実を見せられても自分の考えを曲げない」と批判し「驚き、怒りを感じた」と話した。この日の被告人質問に向け、弁護士とシミュレーションを重ねてきたが「私たちの心を踏みにじり続ける。私はもう彼に刑務所に入ってほしい」と強い言葉で語った。

拓也さんは直接質問の前、加害者が遺族の悲しみと向き合っているかを一番感じ取りたいと思っていたというが、娘の漢字を思い出せなかった被告に「漢字、難しいですかね。ふたりの命、私たち遺族に対する認識はこの程度だったんだと思った」と声を落とした。

この日、法廷ではメモを取れなかった。「回答に絶望して、メモを思いつかないほど放心状態だった。裁判の中で1行もメモを取らなかったのも初めてだった」と振り返った。

事故前は妻の真菜さんの故郷の沖縄に将来、家族3人で移住する構想を抱いていたという。「真菜は沖縄の海の近くに、小さくていいから家を建てて、3人で海のそばで生きていきたいって夢を語ってくれて」と涙を見せる場面もあった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン