/

この記事は会員限定です

震度4以上頻発、気象庁「通常の範囲内」 専門家は警戒

[有料会員限定]

春先から日本周辺で震度3~4程度の地震が頻発している。3月以降、これまでに最大震度4以上は全国で計23回を数え、1~2月の計3回から大幅に増えた。5月29日も茨城県沖を震源に震度4が観測された。気象庁は「地震活動は活発な時期と落ち着いた時期があり、異常ではない」とする。日ごろの備えは欠かせないが、専門家はどうみているのか。

3月には福島、宮城両県で最大震度6強を観測した地震が起き、4月には茨城県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1702文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン