/

河井案里元議員を救急搬送、睡眠薬服用か 命に別条なし

(更新)

2019年の参院選を巡る公職選挙法違反事件で有罪が確定し、当選無効となった河井案里・元参院議員(48)が20日夜、東京都内の自宅から救急搬送されたことが分かった。警視庁によると、睡眠薬を20錠ほど服用したとみられるが、命に別条はないという。同庁が詳しい経緯を調べている。

警視庁によると、20日午後6時半ごろ、元議員の親族が「本人から『さようなら』と連絡があった」と110番通報した。通報を受けて警察官が元議員の自宅を訪れ、室内で意識がもうろうとした状態の元議員を発見した。

元議員は夫の河井克行・元法相=公選法違反罪で有罪確定=とともに19年参院選の選挙違反に問われ、懲役1年4月、執行猶予5年とした東京地裁判決が昨年2月に確定した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン