/

この記事は会員限定です

沖縄復帰50年 移住者が教育に一役、子どもの貧困率高く

[有料会員限定]

本土復帰から50年を迎える沖縄県で、移住者が子どもの学習や仕事を持つ母親の支援に一役買っている。こども食堂や託児所付きのカフェを運営して後押しする。沖縄では米軍統治下から続く教育や所得などの本土との格差が今も解消されていない。現地で暮らしてから初めて問題を知った移住者もおり、支援の輪が広がっている。

「先生、ここも教えて」。沖縄県名護市の居酒屋で、子どもたちが大学生とともに教材を広げてやりとりし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1467文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン