/

この記事は会員限定です

刑事手続き、脱「紙」へ転換 法制審議会にIT化を諮問

[有料会員限定]

刑事事件の捜査・公判手続きのIT(情報技術)化に向けた議論が27日、法制審議会(法相の諮問機関)で始まった。実現すれば「紙」や「対面」を原則とする刑事手続きが大きく転換する。柱となる逮捕・捜索令状や証拠の電子化について、法曹関係者らは業務効率化や負担軽減につながると期待する。一方で、公判のオンライン化などは異論も多く、議論の着地点は見通せない。

「最寄りの簡易裁判所まで1時間。裁判官不在の休日は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン