/

電動ボード、時速20キロ以下は免許不要に 16歳以上

利用が拡大している電動キックボードを巡り、警察庁は23日、最高速度が自転車並みの時速20キロ以下の車両の場合、運転免許を不要とするなどの新たな交通ルールを定める方針を明らかにした。一定の条件下では歩道通行も認めるが、運転できるのは16歳以上とする。車両の仕様と利用実態に即したルールを整備する。

同日公表された有識者検討会の報告書を踏まえ、道路交通法の改正案を来年の通常国会に提出する方針。

新たなルールについて利用者や販売事業者が十分に理解することが不可欠で、今後内容の詳細を説明する機会などが求められる。

電動キックボードはモーターで走行するため、現行の道交法上では多くが「原動機付き自転車」に位置づけられている。運転免許の携行やヘルメット着用の義務がある。

新ルールの適用対象は「時速20キロ以下」の車両を想定する。自転車専用レーンの通行も認め、「時速6キロ以下」に制御できる車両は歩道の通行も可能とする。ヘルメット着用は努力義務とするが、運転できる年齢は16歳以上とする制限を設ける。

ナンバープレートの設置と自賠責保険への加入も必須。違反をした場合、交通反則切符(青切符)で取り締まり、違反を繰り返すと自転車と同様に講習の受講を義務付ける。

電動キックボードを巡っては、都心部で事故が相次ぐなど、交通ルールをどう浸透させるかが課題となっていた。

これまでブレーキの性能などが保安基準を満たさず、公道を走行できない車両が販売されている事例などもあった。

警察庁は新ルールを設けるにあたり、販売事業者やシェアリング事業者に対し、交通安全教育を行う努力義務を課すことも検討する。

警視庁によると、2021年1~11月に都内で起きた電動キックボードの事故は60件。歩道通行や整備不良車両の運転といった違反への指導や警告も10月までに157件あった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン