/

この記事は会員限定です

介護留学生「お礼奉公」に悩む 海外人材担う福祉に影

(更新) [有料会員限定]

介護を学ぼうと来日する留学生が増えるなか、奨学金のトラブルが目立ち始めた。卒業後に特定の施設で働けば返済免除となる仕組みを利用。求められた就職を拒否したところ、学校側に退学や一括返済を迫られた、と主張する。契約を巡って双方が対立する現状は、高齢者福祉の一端を海外人材が担うという国の将来像にも影を落とす。

高知県香南市の介護福祉専門学校に通っていたベトナム人留学生の女性(21)が4月30日、高知地裁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1532文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン