/

山梨女児不明、母親が提訴 中傷投稿は「言葉の刃」

 小倉美咲さんの写真を前に記者会見する母とも子さん=20日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

山梨県道志村のキャンプ場で2019年9月、行方不明になった千葉県成田市の小倉美咲さん(8)の母とも子さん(38)は20日までに、投稿者情報の開示を求めて米ツイッター社を提訴し、同日、東京都内で記者会見した。自身や美咲さんへの中傷に「言葉の刃で心が傷ついた。頑張っている美咲が帰ってきたらどれだけ傷つくかと思い、声を上げた」と語った。

とも子さんは3月、「母親が犯人」などと書き込んだ9つのユーザーIDの投稿計14件について、米ツイッター社に対する開示請求訴訟を東京地裁に起こした。掲示板「5ちゃんねる」などにも同様の中傷する内容があり、発信者の特定を進め、損害賠償を求める訴訟を順次起こす予定としている。

SNS(交流サイト)には、とも子さんが経営する店の写真を勝手に写し「こんな時にもお金がほしいんですね」と書き込まれた。「これから小倉家を襲撃する」との脅迫も。自宅近くを訪れた人が写真を撮り、長女(11)に話し掛けたとの内容も記載され、とも子さんは「日々、恐怖の中で生活していた」と涙ながらに振り返った。

SNSを通じ、励ましのメッセージが届き、美咲さんの情報が集まることもあり「今後も情報発信を続けたい」と話したとも子さん。中傷について「言葉を掛ける人は数秒、数十秒でも、受ける側は何年も傷を負うことになる。そのことを考えてほしい」と訴えた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン