/

三菱UFJ信託で着服 2人で計5800万円

三菱UFJ信託銀行は20日、社員2人がそれぞれ別の顧客から預かった現金を総額約5800万円着服したと発表した。既に2人を懲戒解雇し、刑事告訴の準備を進めている。被害に遭った顧客には全額補償する。

三菱UFJ信託によると、懲戒解雇した2人はいずれも元営業担当。1人は50代女性で吉祥寺支店(東京)や中野支店(同)に勤務した2007~20年に顧客9人の口座から計5370万円を不正に引き出していた。

もう1人は30代男性で、18~20年に中野支店で顧客2人の口座から計442万円を着服した。2人が協力していた形跡は見つかっていない。いずれも着服した金は生活費などに充てたと説明しているという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン