/

天皇誕生日一般参賀を取りやめ コロナ禍で3年連続

宮内庁は21日付で、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2月23日の天皇誕生日の一般参賀を行わないと発表した。3年連続の見送りで、記帳も受け付けない。

皇居での一般参賀は新年と天皇誕生日の恒例行事。2020年1月の令和最初の新年参賀には約6万8700人が訪れたが、コロナ禍を受けて同年2月の天皇誕生日以降は行われていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン