/

不正メール42万件送信 秋田県システムに侵入、他3県も

(更新)

秋田県は20日、県と県内市町村で運営するメールシステムに不正アクセスがあり、秋田市を装ったメール約42万件が外部に送信されたと発表した。システムを管理する業者の設定ミスで、外部から侵入できる状態になっていたという。

県によると、青森、福島、新潟各県でも同様の不正送信が確認された。

送信があったのは18日午後4時46分~6時55分ごろ。秋田市を装ったドメインを使っており、件名には「Re」「Hello」などと記されていた。管理を委託された業者が19日、県に連絡した。被害は確認されていない。

不正アクセスがあった4県は同じクラウドサービスを利用。青森では八戸市を装った不正送信が20万件以上、福島では郡山市をかたった送信が約12万7千件あった。

各県は既に対策を講じており、メールにリンクがある場合は開かないように注意を呼び掛けている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン