/

長野県大桑村でヘリ墜落 操縦士けが

20日午後1時35分ごろ、長野県大桑村で「山の中にヘリコプターが落ちた」と木曽署に通報があった。消防などによると、男性操縦士1人が搭乗する民間ヘリが墜落した。男性は左腕を負傷したが、命に別条はない。

ヘリの所有会社によると、墜落した機体は物資輸送専用機で、木材の運搬作業中だった。機体の一部を損壊したが、周辺の住宅や人への被害は確認されておらず、火災も発生していないという。

国土交通省は航空事故に認定。運輸安全委員会は航空事故調査官2人を指名した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン