/

国後島で新たな遺体 知床事故、船内捜索手掛かりなし

(更新)

北海道・知床半島沖の観光船沈没事故で、海上保安庁は20日、特殊な潜水技術「飽和潜水」による船内捜索を終えた。19日からの捜索で、水深約120メートルに沈む観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」内に行方不明者の手掛かりがなかったことを明らかにした。今後は船体の状況確認を進め、引き揚げに向けた準備を本格化する。

海保はロシアが実効支配する北方領土・国後島西岸で、新たな遺体が見つかったと発表した。19日に同国から外務省を通じて連絡があったという。海保担当者によると、性別や国籍は不明。同島では6日にも女性の遺体が見つかったが、新たな情報はない。海保などは事故との関連について情報収集を進めている。

国が委託した民間専門会社「日本サルヴェージ」(東京・大田)の飽和潜水士による船内捜索は19日から始まった。同日は約2時間、20日午前は約3時間半作業にあたったが、不明者につながる手掛かりは見つからなかった。海保関係者によると、同日午後は飽和潜水をせず、21日以降は船体の引き揚げに向けた準備を進めるとみられる。

斉藤鉄夫国土交通相は20日の閣議後の記者会見で、引き揚げについて「今後の捜索状況や調査の結果などを踏まえて判断する」と述べた。

事故は4月23日午後に発生した。知床半島西側のカシュニの滝付近で、乗客乗員26人が乗ったカズワンから「船首が浸水している」などと救助要請が入り、その後連絡が途絶えた。

同29日、カシュニの滝沖合の水深約120メートルの海底で沈んだ船体が見つかった。これまで周辺海域で14人が見つかり、死亡を確認。残る12人の行方は分かっておらず、海保などは20日も、海上や空からの捜索を続けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン