/

霞ケ関駅員らが黙とう 地下鉄サリン事件27年

(更新)

14人が死亡、6千人以上が重軽症を負った1995年のオウム真理教による地下鉄サリン事件から27年となった20日、多くの被害者が出た東京メトロ霞ケ関駅(東京都千代田区)で、駅員らが黙とうした。

霞ケ関駅務管区の芳野高太郎首席助役が「事件を風化させないため」と述べ、事件発生時刻に近い午前8時から黙とうをささげた。

他にも小伝馬町駅や築地駅など犠牲者が出た都内の駅に一般向けの献花台が設置された。

事件は95年3月20日、松本智津夫元死刑囚=教祖名・麻原彰晃=の指示を受けた教団幹部らによって、都心を走る地下鉄5車両に猛毒のサリンがまかれた。

オウム真理教による一連の事件では、松本元死刑囚を含む13人の死刑が確定し、2018年7月に執行された。公安調査庁によると、教団は3つの後継団体に分かれて活動を続けている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン