/

JAXAなどにサイバー攻撃か 中国共産党員を書類送検

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

宇宙航空研究開発機構(JAXA)など国内約200の企業や研究機関へのサイバー攻撃に関与した疑いが強まったとして、警視庁公安部は20日、中国共産党員でシステムエンジニアの30代の男を私電磁的記録不正作出・同供用の疑いで書類送検した。

警察当局は中国が軍の組織的な指示で高度なサイバー攻撃を仕掛けていたとみて、攻撃を受けた組織に注意喚起した。日本の捜査機関が中国軍の関与の疑いを明らかにするのは異例。

送検容疑は2016年9月~17年4月に5回にわたり、JAXAへのサイバー攻撃などに使用された日本国内のレンタルサーバーを偽名で契約するなどした疑い。

捜査関係者によると、男は中国国営の通信会社のシステムエンジニアで中国共産党員。既に出国した。男が関わったとみられるサイバー攻撃は16~17年に発生。防衛や航空関連企業を含む約200の企業や研究機関を対象に、日本製ソフトウエアの世の中に知られていないシステム上の弱点「ゼロデイ」が狙われた。

男が契約したサーバーのIDなどは「Tick」と呼ばれる中国軍の指示を受けたハッカー集団に送られていた。警察当局は背後に中国軍のサイバー攻撃専門組織「61419部隊」の関与があるとみている。当時、日本に滞在していた別の中国人男性が同部隊に所属する人物から指示を受け、レンタルサーバーを契約するなどしていたことも判明した。

JAXAの担当者は「サイバー攻撃があったことは確認しているが、情報漏洩などの被害はない」と話した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン