/

この記事は会員限定です

高校「情報」指導体制整わず 掛け持ちや免許外教員多く

[有料会員限定]

プログラミングなどを教える高校の教科「情報」の指導体制で不十分な状態が続いている。2025年には大学入学共通テストの新科目となるが、担当教員は全国の公立高1校に1人強で、他教科との掛け持ちも多い。デジタル人材の裾野拡大に向け、教員向け研修などの早急な充実が求められている。

文部科学省は7月末、25年1月に実施する共通テストに情報を追加した。22年度から適用される新学習指導要領の「情報Ⅰ」を範囲とし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン