/

この記事は会員限定です

夫婦別姓待たれる憲法判断 最高裁、社会情勢どう評価

[有料会員限定]

「夫婦別姓」をめぐる司法判断が再び注目されている。最高裁大法廷が改めて憲法判断を示す見通しだ。選択的夫婦別姓の導入の是非を巡る議論は活発化しており、社会情勢の変化を司法がどう受け止めるかが焦点だ。

夫婦同姓は「夫婦は婚姻の際に夫または妻の氏を称する」とする民法750条によって定められている。最高裁大法廷が2015年に「夫婦同姓は日本社会に定着しており、合理性がある」として合憲だと認めた際も、女性裁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン