/

大谷MVPで約252億円 経済効果、関大教授が試算

米大リーグのア・リーグ最優秀選手(MVP)に選ばれた米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手の今後1年間の経済効果について、関西大の宮本勝浩名誉教授は19日までに、251億9247万円に上るとの試算を発表した。同教授は「1人のスポーツ選手がもたらす経済効果としては空前の金額」と評した。

MVPの獲得により、エンゼルスの観客動員やグッズの売り上げ、スポンサー契約料、広告収入などが大幅に伸び、米国国内の経済効果は約174億円になると計算。日本国内でも多くの応援ツアー客が訪米し、大谷のCMやメディアへの出演料が増加するなど経済効果は約77億円とした。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン