/

建設石綿、5月上告審判決 最高裁、統一判断へ

建設現場でアスベスト(石綿)を吸い、肺がんや中皮腫などの健康被害を受けた元労働者と遺族が、国と建材メーカーに損害賠償を求めた4件の訴訟で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は19日、上告審判決をいずれも5月17日に言い渡すと決めた。

横浜、東京、京都、大阪の各地裁に起こされた訴訟で、原告は約500人。高裁段階の結論が分かれ、最高裁では国やメーカーに対する賠償命令の一部が既に確定した。全国各地で千人以上が提訴した「建設アスベスト訴訟」で初の最高裁判決で、詳細な理由とともに統一判断が示される。

19日には4件で最後となる大阪訴訟の上告審弁論が開かれ、原告側が「現に裁判を闘っている被害者のみならず、今後発生し続ける被害者の救済にとっても、正しい道しるべとなる判決を希望する」と訴えて結審した。他の3訴訟は既に結審し、期日が未定だった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン