/

18歳成人式は2市町のみ、「受験重なる」 法務省調査 

成人年齢が引き下げられた後、何歳で成人式を開くか――。法務省が市区町村に調査したところ、18歳に変更するのは1月時点で2市町にとどまることが19日、分かった。ほかは「受験と重なる」「飲酒と喫煙が可能となる」として20歳開催を継続するところが多い。

成人年齢を18歳に引き下げる改正民法は2018年6月に成立し、今年4月に施行。成人式は法的に定められておらず、政府は時期を自治体の判断に委ねている。

調査は昨年12月から今年1月に実施し、1176市区町村が回答。このうち「決定した」が984で「検討中」が163、「検討していない」が29だった。

決定済みのうち「18歳」としたのは北海道別海町と三重県伊賀市。いずれも理由を「法律上『大人』として扱われる年齢で式をすることにより、自覚を促すことができる」と答えた。

残りの982は「20歳」または「21歳」とし、複数回答による理由は「受験と重なり出席者が減少する」が72.6%で最多。ほかに「20歳または21歳で実施する希望者が多かった」が37.7%、「飲酒や喫煙ができる年齢と合わせるべきだ」が25.5%などだった。

開催時期は「成人の日を含む3連休」が75.7%で最も多く、「3連休以外の1月」の13.7%、「お盆の時期など8月」の7.8%が続いた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン